キャッシング即日比較

  •  
  •  
  •  

キャッシング即日比較

キャッシング審査の流れと基準

キャッシングでは申し込みにあたり審査を受けて通る必要がありますが、審査基準については一般に公開されているわけではありませんので、憶測の範囲となってしまう傾向があります。

しかしお金を貸すことを考えれば、金融業者としては確実に返済されなければ経営が成り立たなくなります。またキャッシングを提供する金融業者は、貸金業法の基準に基づいた経営を行う必要があるため、審査については当然法律の基準を満たす必要があります。キャッシングの申込を行えば、申込者の個人信用情報が確認されます。

現在ではインターネットから申し込みが可能となっていますが、個人信用情報の確認もIT技術の普及によって自動化されていますので、すぐに結果がわかるようになっています。個人信用情報に問題が無く総量規制の枠を超えていなければほとんどの場合で審査に通りますので、融資額を別とすれば融資を受けられる基準は低くなっていると言えます。

個人信用情報には滞納や延滞、不払いや任意整理などの情報が登録されていますが、これを金融事故と呼んでいます。金融事故情報が個人信用情報に登録されていると審査に通る可能性はほとんどないと言えます。

また総量規制は年収の3分の1までしか利用できない制度を言いますが、総量規制の範囲を超えている場合には融資を受けることができなくなります。キャッシングの申し込みでは返済能力の有無を判断する個人信用情報の確認と、貸金業法の制度である総量規制が審査の主な内容となってきます。

個人信用情報に問題がなく総量規制の範囲内であればほとんどの場合で審査に通りますが、融資額については年収と総量規制が影響してきます。審査に通れば必要書類を提出して融資が行われる流れとなります。

 

Copyright キャッシング即日比較 All Rights Reserved.